リフォームを行なって理想の空間作り~テキパキ室内改善~

ダクト清掃

家

飲食店の厨房は、油が蓄積されやすく引火の危険性が高い為、こまめなダクト清掃が求められる。
工場の場合は、規模が大きくダクトの数も多い為、清掃に使用する機器も大型のものとなる。代表的な方法はダクトビート方法と呼ばれるものであり、ガソリンなどエンジンを稼働させる際に使用する気化器に似た原理を持つ機器を使用し、ダクト内部の粉じんやゴミを吸い出すという方法が採られている。基本的に清掃の際はダクト内部から汚れを吸い出すという形が取られており、ビート方法は規模が大きい為に、仕組みも変化しているという具合になっている。
ビート方法を用いる際には、機器から大型のホースが出ており、それを挿入する為、施設内には大量のホースが存在することになり、その間の業務はほぼ不可能となっている。そもそも清掃中に業務を行うのは、換気が行えない為危険性が高く、推奨されていない。
休業日や臨時休業、一時的に操業を中止するなどして清掃は行われる事が一般的であり、その事からも作業の規模の大きさがうかがえる。工場の規模が大きければその分作業に使用する機器と範囲は大きくなり、より時間がかかることになるので、時には数日間を要するというケースも存在している。

定期的に内部をきれいにしておくことで、稼働中の効率が上がるのはもちろんであるが、時には粉じんやゴミによって内部の逆風防止弁や火災防止用の設備が不具合を起こしていることもある。特に工場のような頻繁に使用されている場所では、汚れの発生率も高く同時に不具合の可能性も高くなっているのである。
その為、ダクト清掃はメンテナンスの要素も含む作業であり、それ故に定期的に行うことが推奨されている。工場や場所によっては義務付けられている事も多い。

マンションは集合住宅ということもあり、ダクトの数が非常に多い建築物である。一戸建ての場合、これらが取り付けてあるのは台所、風呂場、トイレなど換気扇が設置されている場所であるが、排気が出る場所はひとつにまとめられている事が多い。
つまり世帯ひとつにつき、最低でもひとつ以上はダクトが存在していると言う事であり、時には百世帯を超えることもあるマンションではダクト清掃が大規模なものとなる。この場合は業者に依頼し、数日をかけて作業を行うのが一般的である。
また、その場合の作業方法はダストストリーム工法を取ることが多い。この方法は比較的小型の機器を使用するものであり、マンションのような世帯の規模が小さい場合でも問題なく使用することができるというメリットがある。

ダストストリーム工法は吸引だけではなく、ブラシをダクト内部に挿入することにより粉じんやゴミを物理的にこそぎ落とす効果を持っている。その為、料理の際の油汚れなどで付着したゴミもしっかりと落とすことができ、確実な清掃結果を残すことができる。これにより頻繁な清掃の必要がなく、世帯の生活に干渉する時間を減らすことが可能なのである。
入居者にとって業者が家庭内に入り作業を行うのは、少なからず不快感と時間の拘束を与えることとなり、あまり推奨されるべきことではない為、一回の作業で質の高い出すと清掃を行う事が最大の目的となる。マンションの共有部分にも車や機器を配置し場所を取ることにもなる為、生活テリトリーを占領しかねない。集団で生活している分、人々の数も多くクレームが出やすいのである。

ちなみに県営や市営住宅といった地方自治体が管理している場合は、自治体負担で行われる事が多く、住民たちは家賃を通して業者の利用料を支払っている。
この為、通常のマンションよりもコスト軽減につながっているのである。

厨房はダクト清掃が最も必要とされる場所である。
特に油料理を頻繁に行う中華料理店の場合は、ハイスピードでダクトに油汚れが蓄積され、そこにゴミや粉じんが付着することで大きな塊となっていき、引火の危険性を高めることとなる。それ以外にも清潔面で大きな問題となりやすく、飲食店としての在り方に関係してくる問題となる為、こまめな清掃が求められている。

この場合はマンションと同じくダストストリーム工法が用いられる。ただし、ブラシだけで汚れが取れない場合は洗剤などを使用することもあり、応用を利かせるケースが多い。
油による付着は通常よりも粘着力が強く、こする程度では除去できない事が多い為である。この場合、洗剤も自然素材のものを利用するなど飲食店への配慮が行われるのが一般的である。
第三者に料理を提供する場所である飲食店と、その要となる厨房は細心の注意を払って管理することが求められており、ダクトのメンテナンスも兼ねている清掃が必要不可欠となっている。近年はダクト清掃を怠ったことによる火災も増えていると言われており、特に清掃が呼びかけられている。

ダクト清掃を専門に行う業者も多く存在しており、利用者が作業を負担することはほとんどない。